記事一覧

忘れないうちに

今日は夏休み明けで、学校に登校したんですが見事に遅刻しました。
二度寝が原因。


15分ほどの遅刻でも遅刻は遅刻。
でも、一番驚いたのは遅刻しているのに全く走っていなかったこと。


夏前は、遅刻したらわずかながらも焦ったり、
場合によっては駅から学校までダッシュもしたのですが、
今日は落ち着いていて、走ることもありませんでした。


「焦ってもどうせ意味がない、遅刻は遅刻だ。」


明らかに間に合う術はなかったし、かといって欠席扱いになるレベルでもない。
走っても走らなくても大して変わらないなら無駄に汗をかくべきじゃない。


そんなことを考えながら悠々と歩いて教室に入る。


必修の語学の授業で、しかも今日は席替え。
席取りは早いもの勝ちで、今日の席が後期の毎回の席になる。


つまり今朝を制する者がこの語学の授業の席を制することができたわけです。


どうせ夏休み明けだし、自分以外にも遅刻者はいるな、
なんて高をくくっていたら、見事に自分以外はだれも遅刻していないのです。


!?


なんだか憂鬱な気分になりました。


前か、それとも後ろの方の微妙な席か。
私は後ろの方の席を選びました。
そして座りました。


案外悪くはありませんでした。
遅刻という汚点はついたけれども、それ以外は何も不利なことはなくてよかったです。


それから、授業は真面目に聞こうと思います。
それが後期の出席する授業に対する態度です。


真面目に聞いて、最良の評価をゲットします。
ちなみに前期は、残念なことに最良の評価はありませんでした。


それから、後期の話の繋がりですが、
まだまだ履修登録は変更可能なようです。
なので授業日程を調べて最善の授業選択をしたいと思います。




授業が終わってからは、少し早目の昼を食べに行ったのですが、
食後の会話が真面目すぎて感心しました。


一人頭のいいクラスメートがいるのですが、
本当に参考になりました。


要約すると、とにかく今は感性を磨くことこそが至上命題なのだそうです。
いろいろなものに触れて、いろいろなことを体験する。
とにかく全力で遊べとのことです。


頑張って遊びます。


たまに聞く話なのですが、
大学生にとって授業は義務で、プラスアルファをどうするかが大学生活の鍵なのだそうです。


授業というよりも、単位の獲得といった方がよいのかもしれません。
授業に毎回出て単位を獲得する人間と、
授業には出ずに直前の勉強のみで単位を獲得する人間はどちらが賢いのか。


前者は確かに真面目だとは思いますが、
後者と比べると持ち時間が少ないです。


その点、後者は効率が良いので、余らせた時間を趣味の時間にあてられます。


私が目指すのは後者です。
もちろん、冒頭でも言った通り授業に出たら真剣に聞きますが、
出ない授業があっても良いのではないかと思います。


授業は確かに大切ですし、お金を払っているのでもったいないという意見もあるかもしれませんが、
どれだけ効率良く物事の吸収をできるかの訓練につながると思います。


どれだけ楽をして単位を取るか。


考え方次第なわけです。
学問の扉を力ずくで開けるか、それともどれだけ労力を惜しまずに開けるかは本人次第ですが、
私はどれだけ労力を惜しまずに開けるかを全力で考えたいと思います。


もちろん、興味のある授業や役に立つ授業ならば力ずくでこじ開けます。
すべての授業を力ずくで何とかするわけではないという話です。
(どれが役に立つかなんて今の私にはわからないけれど)


後期は
”ぶつかるところは全力でぶつかり、避けるところは全力で避ける”
これを目標に頑張っていきたいと思います。


以上です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21711位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4036位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: