記事一覧

深まる

段々寒くなってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?


わたしは元気です。
元々暑がりなので冬は大好きです。
でもやっぱり夜は寒いので、
マフラーなんかが恋しくなったりします。


今日は時間があるので更新できます。


今日は一時間ほど早く家に着いたので、
久しぶりに親がつけているテレビを見ながら
夜ごはんを食べました。


そうしたら爆笑問題さんの番組で
古武術が取り上げられていました。


あまり真剣には見ていなかったのですが、
どうやら古武術の師範は、
武道を通して体を知ろうとしているそうです。


最低限の入力で
最大限の出力を発揮する的なことを
仰っていました。


これは演劇にも通ずるものがあります。
演劇で発声をするときは、
力まずに響く声を出すことを学ぶのです。


よく考えてみると、
『稽古』と呼ぶ練習形態をとるものは、
不要な力を抜くことの学びが多いような気がします。


柔道の受身だって体を柔らかくするものだし、
(なにより柔らかい道と書いて柔道と読むし)
実際はどうなのかわかりませんが、
剣道なんかもそんなような気がします。


根拠に基づいてはいませんが、

稽古 = 体と向き合う

という構図は理解しやすいでしょう。

自分の体と向き合わなくては、
不要な力は抜けませんので。


稽古は素晴らしいです。
スポーツ的練習とはまた違う楽しみがあります。
どちらの練習も進歩に繋がるのですが、
ベクトルが違うような気がします。


スポーツ的練習が自分の力を外へ外へ広げていくのに対し、
稽古は自分の力の起源を内面へ内面へと
深く深く探求していくようなイメージがあります。


スポーツは手軽に出来ても、
演劇の稽古は学生の内しかできないので、
今のうちに目一杯楽しんでおきます!


以上です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
978位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: