記事一覧

学生芝居がプロの芝居よりも勝っている点

しばらく近況報告ばかりだったので、ここら辺で少し真面目な記事でも。

「学生芝居には学生芝居にしかない良い点がある」なんていうことを言う(学生の)演劇人がよくいます。
学生芝居の世界に足を突っ込んでいるのでその世界の人(学生だけど)と話す機会が結構あるんですが、じゃあ具体的に何かと聞き返すと彼らは口をつぐみます。返答できてもわけのわからない濁し方をされます。

大体返ってくる答えは熱気だとか一生懸命さ、知恵を絞りに絞って出てきた答えがプロにはないような意外性だと。彼ら曰く、タブーを気にしない(というか無知なだけな)斬新さが意外にも受けるみたいなことを言い出すけど、どうもインパクトに欠けます。

熱気や一生懸命さにしてもプロの方が遥か上を行っているのが現状です。プロは生活が懸かっています。仕事なんです。それに対して学生は楽しむことが目的です。そんな人間が集まって一部の人間が熱意をプロ並みに出したところで、結局プロには届きません。かかっているものの大きさが違います。生活よりも楽しむことをプロが追及していたとしてもやっぱりプロの方が芝居と生活とが密着しています。楽しむことを大事にしながらも自然と生活をかけています。それに対して学生は芝居と生活の間に学業が入ります。学業が一切入り込まないのであればそれはプロかただのアマチュアです。熱意や一生懸命さではプロには及ばないです。

斬新さに関しても今一ぴんと来ません。無知な学生がぽんと出したものが良いアイディアだったとしてもそれがプロを超える理由にはなりません。学生の芝居を観ていてうまいと思う人がいても、芝居はいろいろなものが重なり合ってできるわけだから、全体を観たときにはプロよりもすごいとは言えないんです。一部がよかったねで終わってしまうんです。ここには圧倒的な基礎力の差があります。発声にしても動きにしてもプロの方が洗練されていますし、アイディア以上の魅力がそこにはあります。それにプロの人がタブーを恐れて新しいアイディアを出さないみたいな感じで言われますけど、そんなことはありません。特に小劇場に関して言えば元々はアングラな世界だったわけですし今でもそうだと思います。そんな世界の人たちがみんな安定志向を求めるかと思うとそんなことはありません。斬新な取り組みは今でも続いています。なのでタブーを恐れない斬新さで魅力的な部分があったとしても、そんなのは芝居の一部がすごかったと言えるだけで、プロよりも質の高い芝居を期待できる理由にはなりません。



私自身学生芝居の世界に足を突っ込んでいて上演もすれば観劇もします。それはちゃんと魅力を感じているからです。その魅力はやはり料金設定です。学生の芝居は無料か、有料だとしても格安で観ることができます。なので敷居が低いです。お財布に優しいというのが大きな理由です。

あとはそこまで期待して行かなくてもいいということです。芝居を観る以上、観に行くことを決めた時点で心が躍ります(上記で散々言っておきながらw)。やっぱり芝居を観るのは楽しいです。でも学生演劇を観に行くのとプロの芝居を観に行くのは全く異なります。プロの芝居を観に行くとなれば、演出、照明、音響、舞台、衣装、小道具、制作、そして役者の全てにかなりの期待を持ちます。もちろん基本+αを求めます。そしてプロはその想像を裏切りません。プロは安心して観ることができます。そういった意味では学生芝居は勝てません。経験や規模の差は大きいです。

学生芝居を楽しみにできる理由は小さな仕掛けに期待するからです。絶対にプロよりも優れていることは期待しなけど、工夫を凝らしてある部分を見つけるのが楽しいのです。しかもお手軽に。格安で芝居を観に行って工夫を見つけたり上手い役者を探したりするのは楽しいです。どんな部署だって必ず人間の手が入っています。その手がどれだけ優れているかを発見して、その劇団に感想を持つのが学生演劇の醍醐味です。

なので学生芝居がプロに勝てないというのは費用対効果の問題なのです。費用対効果とは払ったお金に対する満足度です。(詳しくはググって下さいね!)仮に同じ値段、たとえば無料でプロと学生のお芝居好きな方を観ることができるのであればプロの方を選びます。(場合によりますけどねw)

学生芝居とプロの芝居はそもそもジャンルが違います。価格帯が違うので比べることができないのです。学生芝居がプロに勝てないのは価格が同額であるという前提を想定したときのみです。同じ値段であればクオリティの高い方が良いよねということです。価格を考慮したときに、この値段でこのクオリティなら・・・良いんじゃね・・・? という風になるのです。

かなり前置きが長くなってしまったのですが、学生演劇の人は(全員が全員ではありません!)お金の話をしたがらないのです。クオリティで語って疑問ができるのだから、安く観れるのが最大の売りと銘打ってしまえば良いのです。

学生芝居を観たことがない方がいらっしゃいました場合は、ぜひ一度ご覧になってみてください。【最寄りの大学名 演劇】で検索すると学生芝居をやっている団体を見つけることができます。好みの劇団を見つけてみるのも良いかもしれません。お金をかけずに休日を過ごすこともできますしね!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
41131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7461位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: