記事一覧

iPhoneの白ロムの値段のお話

iPhone5が発売されますね。
au版がデザリングが可能で、
softbank版がデザリング不可能みたいですね。

デザリングとは手持ちの携帯をポケットwifi化できる機能なので
ノーパソ持ちの人にとってはとても便利な機能です。

さて、世間には白ロムと言っていわゆる未契約の携帯がございます。
もちろんiPhoneにも白ロムは存在します。

基本的に秋葉原やネットショップに売っています。

月額は払いたくないけどiPhoneが欲しい!
iPod touchじゃ嫌だ!
という方は白ロムを購入することをおすすめします。

さて、そんな白ロムの値段ですが
バージョンによって値段が大きく変わります。

iPhone4S(simフリー)が7~8万。
simフリー版はお高いです。
simフリーとはsimカードを差し替えれば
どのキャリアでも使えるという代物です。
つまり良質な電波だと言われているdocomoの電波を
iPhoneで使うことも可能になるわけです。


iPhone4S(simロック版)が3万~5万円。
デザインが優れているので高めではありますが
simフリー版と比べると値段は安めになっています。


iPhone4が3~5万。
4Sのsimロック版とあまり変わりありません。


iPhone3GSが1万強~2万強。
安いです。
型が前のものであるために値段はかなり安くなっています。
ものによってはiPodtouchと同等の価格で手に入れることもできます。


値段に幅があるのは製品の状態が異なるからです。
白ロムは基本的に中古品なので傷ありのものがほとんどです。
例えば画面や背面に傷があったり、
画面と本体の間に隙間があったりなど
傷の程度は様々です。

個人的に、どうしてもiPhoneがほしい人には
iPhone3GSをおすすめします。


もうちょっとしたらiPhone5が出回りますが
現時点での反応は悪いです。
つまりiPhone4Sを超える製品になる可能性が低いです。

iPhone5が優秀な製品だった場合は4Sの価値が下がりますが、
そうでなかった場合は4Sの価値はそこまで下がりません。
(むしろ上がる可能性もございます。)

価値が下がらないとiPhone4、4Sが手に入りやすくなることはないのです。
このまま待っていて4や4Sが安く手に入るのなら待つ必要がありますが
安くならないのなら待つ必要はありません。
むしろ早く買うべきです。


白ロムは中古品である上に正規のルートをたどっているものではないので
市場から消える可能性が高いのです。
現にiPhone2以前のものを市場で見かける機会がほとんどありません。

この調子で行くとiPhone3GSを手に入れる機会が激減します。
3GSであれば2万もあれば余裕で買うことができます。

4以降のものは3万以上してしまうので
そこまでお金をかけずに白ロムを手に入れたい方は
今のうちに3GSを買ったほうが良いです!


ここまで購入を煽りましたが、
ぶっちゃけ電波なしiPhoneは使えませんw
私は3GSの白ロムを持っていますが使用シーンが
授業の時間割閲覧と、音楽プレイヤー、そしてたまにメモをとるくらいです。
ガラケーで通話しながらメモをとるのに便利なんです。
しかしそれくらいです。

これだったら普通にiPod classicを買ったほうが良いです。
曲がいっぱい入るみたいですし。
時間割もメモも何とでもなります。

一応手放せない機械ではありますが
1万強もかけて買う必要があったのかな?
と思います。

いつか今以上の活躍をする日がくると良いですね(棒)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
フランス語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動休止中

Twitterアカウント

Instagramアカウント

サブブログ

読書レビューのページ
(↑2017.11.11.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4655位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: