記事一覧

終戦後のあとがき

発表出てないから、まだ何とも言えないけど、
とりあえず、一年間やってきたことを書いておこうかなと思います。

二浪目に突入し、予備校に入学して勉強しました。
英語、古文は文法から学び、国語は読み方を知り、数学は演習を繰り返しました。

で、まぁ、周りは一個下なわけですよ。
余計に焦りが出るわけですが、あまり気にしないようにしていました。

3月~5月は、私立志望という皮をかぶって密かに国立を狙おうとしていました。
それで、日本史の先生に相談して、なんとかなりませんか、と言ってみたら、
みんなが授業でやるところを独学で学んでいくのは相当厳しいと言われました。

それでも、某国立に入りたいといったら、テキストをくださいました(無料で!)
これは秘密の話なんですけどね(笑)

理科科目は自分でやろうとしました。

結局、自分にとって日本史は最大の壁で、
一浪目(自宅浪人時代)の自分の敗因の一つだと思います。

ここで一浪目の敗因を明らかなものだけ挙げたいと思いますが、

・英語の文法不足
・国語(現・古)の読み方の知識不足
・数学の演習量不足
・日本史を全然覚えられない
・理科科目を覚えても一週間程度で忘れてしまう

これが一浪目の敗因です。
だから英単語はばっちり(?)でした。
時間だけは掛けたので。

それで、苦手な日本史に時間を掛けて、それでも覚えられなくて、
他の教科の時間まで吸い取って・・・、という悪循環を繰り返して、
一浪目はあっけなく幕を閉じたのです。

ちなみに、一浪目は日東駒専レベルを落ちました。
その下も受けたんですが、偏差値が40以下だったので、二浪させてもらえることになりました。

話を戻しますが、結局(テキストをもらったのにも関わらず)国立の選択肢を捨てました。
改めて言いますが、英語、国語、数学の3教科でがんばる事にしました。

模試の結果は酷いもので、二浪なのにクラスで半分よりも下でした。

6月~12月
春、夏、秋、冬。
もうとにかく、中位前後の成績を行ったり来たりで、
一向に成績が伸びませんでした。

このときはマーチも絶望的な感じで、日東駒専が相場でした。

1月~2月
センター試験でも悲惨な結果を生み出して、
日東駒専レベルも落ちそうな程でした。(センター利用でなくても)

それからも勉強を一生懸命続けていたら、
なんと、過去問で高得点を出せるようになったんですよ!

只、同じように勉強をしていただけなのに、ここに来て伸びまくって、
入試期間中も絶えず調子は上がっていきました。

結局、マーチの中でもレベルの高いところに合格して、ほっと一息です。

がんばれば最後も伸びる

これを声を大にしていいたいと思います。

正直、早慶に落ちている(と思われる)のはショックです。
二浪したのに、周りの人に本当に申し訳ないと思っています。

でも、しょげていても報いにはならないと思うので、
あまり悲観的にはならずに前向きに生きてゆきたいと思います。

恐らく、浪人する方々がこの記事を読むことになると思いますが、
あまり悲観的にはならずに、熱意をもって挑むを奨励します!

何かあればコメントを下されば返信をします!

これから、浪人をする方、がんばってください!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6194位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: