記事一覧

歌舞伎

中村勘三郎の今川義元

この映像がかっこいい!

今川義元(当時:中村勘九郎)
武田信玄(中井貴一)
北条氏康(杉良太郎)
の三者の談合のシーンです。

渋い!
渋すぎる!


この映像にも出ている中村勘三郎(当時・中村勘九郎)さんが亡くなりました。

私自身は歌舞伎についての知識がほとんどないのですが、
私の周りにいる人たちは演劇をかじっている人たちが多いので
歌舞伎にも興味を示している人が多いです。


そこで私もちょっと気になったので
勘三郎さんの演技を見てみたくなり彼について調べてみました。

そうしたらこんな記事に当たりました。

【訃報】歌舞伎俳優の中村勘三郎さん死去 享年57


こちらの記事に、上記の映像が貼られていましたので
当記事でも紹介させていただきました。

それにしてもこのずるそうな雰囲気が良いですね。
私が浅学すぎるために
今川義元は桶狭間で負けたくらいの情報しか持ち合わせていないので
今川義元について調べてみました。


彼(静岡県の東以外)は若い頃に武田家(山梨県)の協力を受けたために
仲の良かった北条家(静岡県の東の方)と仲が悪くなってしまいます。

しかし彼は戦闘が強かったので北条家を追い払います。
こうして静岡県の極東以外を手に入れます。

さらに織田家(愛知県)が攻め込んできたので返り討ちにして愛知県の東方も手に入れます。

でもここで黙っている北条家と織田家ではありません。
この両家がタッグを組んで武田家と今川家のタッグに挑戦をします。
そうしたところ、どうしても決着が着かなかったので
思い切って今川家・武田家・北条家が同盟を組みます。

この同盟を組むための談合が上の映像のシーンです!
善徳寺の会盟と呼ばれています。

この後、織田家の長男である信長と当時最強と言われた今川家が戦い、
残念ながら今川家が敗れてしまうというわけです。
いわゆる桶狭間の戦いですね。


さて、実際のところ彼がずるい性格だったのかどうかはわかっておりません。

以下は私の私見ではありますが、
やはり今川義元はずる賢い性格だったのではないかと思います。

元は僧の身でありながら
寺から飛び出してきて世の中を上手く渡ってきたわけです。
バカ正直な人間だったとしたらこういった成功を収められるはずがありません。

この成功こそ、彼の賢さとずるさの証明になるのではないでしょうか。

とは言ってもこの時代の成功者は須らくずる賢かったのだと思いますけどねw
今川義元でなくとも!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
フランス語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動休止中

Twitterアカウント

Instagramアカウント

サブブログ

読書レビューのページ
(↑2017.11.11.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6762位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: