記事一覧

内々定をいただいた

2つ目の内々定をいただきました。

エントリーは140社。
説明会や面接は50社。

長かったです。

就活を意識し始めたのが大学2年の秋。
生活の捉え方をもうちょっと社会人っぽくしようと思い始め、
何事も深く考えるようになりました。

就活と向き合い始めたのが大学3年の春。
就活のコンサル会社に足を運び、就活の話を聞きました。
しかしここでの効果はさほど大きくありませんでした。
就活本を読めば書いてあるようなことしか学べませんでした。

就活に本腰を入れたのが大学3年の冬。
ごく短期のインターンシップや説明会に参加し始めました。
そしていくつかの面接を受け、すべてお祈りを喰らいました。
こんなにあっさり落ちると思っていなかったのでショックでした。


ちなみにこの時点で希望職種は決まっていたのですが、
説明会に参加するとともにその職種のイメージと現実の乖離が始まり、
希望職種を変更することにしました。
職種A→職種Bへの変更です。


春休みに入り、説明会に足を運ぶ回数が増え、
履歴書などの書類も書くようになりました。
この時期がとても大変でした。
春休みなのにほぼ毎日スーツを着て就活に時間を費やし、
どこかに出かけられる余裕はありませんでした。

そして新学期が始まっても就活は続きました。
むしろ新学期の始まりが面接の始まりでもありました。
ガンガン面接に立ち向かうことになります。

運の良いことに、新学期が始まって早々内々定をいただくことができました。
しかし、その企業の職種は離職者率が半端ではないくらい多く、
勤務先も地方であるうえに労働の準備がとても大変で、
私には勤まらないと思いました。
学生生活と人生で味わうことのできる幸せの一部を
捨て去るくらいの覚悟と熱意がないと勤まらないと思いました。
なので、内々定をいただいたものの、ここで働く気はありませんでした。

この時期に2回目の希望職種の変更がありました。
1回目の理由はイメージと現実の乖離でしたが、
今回の変更の理由は、希望職種の募集が締め切られてしまったためです。
こうなると違う職種を探す必要があります。
こうして希望職種が職種B→職種Cになりました。

就活はまだまだ続きます。
夏が近づいて来ても書類を書き、説明会や面接に挑む日々を送ります。

友人たちが次々と優良企業から内々定をいただき、
就活を終わらせていく中、私は就活の闇の中で
必死にもがき続けていました。

夏休みに入っても私の足掻きは続きました。
希望する業種の募集がどんどん終わってゆき、
行き先を確保することが難しくなっていっても、
わずかな希望を探しながら就活をしなくてはなりません。

そして、9月に入り、ようやく2つ目の内々定をいただくことができました。
今回の企業は規模が小さいながらも私の希望に合致する企業でしたので、
非常に満足のゆく結果になりました。

ちなみに、この企業の職種は希望の職種ではございません。
ですので、もうちょっとだけ就活は続けてみようと思います。

とは言っても、現在、職種Cの企業で残っているのは1社のみで、
この企業の選考が思わしくない結果になってしまえば、
職種Cへの就職を諦めることになってしまいます。
ですので、先ほど内々定をいただいたと説明した企業を滑り止めという形にして
職種Cの最後に残った企業の選考を進むつもりです。

もし職種Cの企業に落ちてしまえば内々定をいただいている企業に進みます。
ちなみに、これら以外にも選考を進んでいる最中の企業はございましたが、
すべて辞退させていただきました。
もちろん、春に内々定をいただいた企業にも辞退の旨は伝えてあります。


つまり今後は内々定の企業か職種Cの企業のどちらかを選ぶことになります。
突き詰めていってしまえば就活のゴールが見えていることになります。
気持ちはかなり楽です。
職種Cの選考を楽しもうと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4904位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: