記事一覧

卒論の進捗6

卒論がついに完成しました!




ゼミの担当教授に卒論の添削をしていただき、
修正点を全て修正しました。

これで一応の完成はしたわけです。
完成した論文を学部の窓口まで持っていけば
無事に受理され(予定)、4年間通った大学を卒業できます(予定)。

この論文を友人に見せたところ、
実に一般的で面白みに欠ける論文だという評価をいただきました。

序論→本論→結論と、論文のフォーマットを踏み、
言葉遣いを論文調にし、きちんとデータを集め、
そして明快な答えを出しました。
その点は教授からもお褒めのお言葉をいただいております。

しかし、結論が平凡なのです。
序論では、素朴な疑問を書き綴りました。
日々耳にし、目に入れるニュースの中でも
特に気になったニュースをピックアップしました。

そして本論では、騒がれている出来事や、その他関連しそうな出来事まで
具体的に掘り下げることでそのニュースの根源的な問題にたどり着き、
根本的な問題に対する解決策や重要だと思われる懸念について論じ、
結論ではそういったことを含め、問題点の本質を述べることで
卒業論文を締めくくりました。

この一連の流れの中で一般的だと思われた点は、
調査のために当たろうと思った出来事や、
それに対する私の意見が普通すぎたという点にあります。

つまり、問題に対して一般的考えられていることを
データを用いて強く提言しただけで、
一般的である枠組みを出ることができなかったのです。

序論(素朴な疑問)→本論(一般論とその裏づけ)→結論(一般論)
という流れを作ってしまったことが今回の問題です。

では、この問題を覆すためにはどうしたら良いのか。
それは、前もって結論を極端かつ無理のないものにしてしまうことになります。

一般的な答えに行き着きたくないのであれば、
先に結論を極端なものに設定してしまい、
それに見合うだけのデータを探し出せば良いのです。

論文を読んだ側は、
疑問から入りストレートに結論に導かれたような気持ちになるかもしれませんが、
実は予め用意された結論に向かって進ませるタイプの論文が大多数を占めると思われます。
むしろ、結論を打ち出すために論文を書くようなものであると言えます。

ここからわかることは、
私が予め設定するべき結論を一般的なものにしてしまったがために、
集めるデータも一般的になってしまい、
論文全体が一般論を論じるものになってしまったということです。

正直な話、今から論文を書き直すつもりはありません。
今から書き直すとなると、
結論を設定し、データを集め、本文を書き進める必要があり、
再作成には時間がかかりすぎてしまいます。

遊びに使える時間、資格の勉強に使える時間、読書に使える時間、
様々な時間を費やすことによって作り上げるものではありません。

実際に、いくら卒論を簡単に書き上げることができるとは言え、
今から時間を捻出するとなるとかなり大変ですし、
何より、すでに一本の論文を完成させているので、
これ以上論文に時間を割くようなことはせずに、これを提出することにします。

卒論に力を注ぐとは言いましたが、
貴重な時間を削っても大きな効果が得られるとは思いません。
ここで卒論の再作成に挑むことによって、
生まれるものは後悔のみになると思われるのです。
しかもその後悔は一生ものの後悔になりそうなのです。
大学4年生の残り少ない時間を、卒論だけに使ってしまうわけにはいかないのです。

そういったわけで、
フォーマットの観点からしたら完成度は高い反面、
中身が一般的過ぎて新奇性に欠けるという点では後悔が残るものの、
これ以上卒論に時間をかけると、内容に対する後悔以上の後悔を生みそうなので、
現在手元にある卒論を学部窓口に提出することにしました。


これで卒業までにするべきことは3点になりました。
最低限とるべき単位を取得すること。
1人暮らしの資金を貯めること。
新居を決めること。

この3点を中心に生活を進めていきます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11882位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2287位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: