記事一覧

ゆっくりかつ活き活き

2012年6月以来の、2桁更新達成です。




2012年6月当時はまだ大学3年生で、
自宅のパソコンを新調していたり、
ニュースに対する感想を書いていたりしましたが、
最も関心を寄せていたことは大学生としてのスタンスの置き方です。

大学に入学をして3年経った段階で、
自身の身の振り方について考えを巡らせています。

どう生きるべきなのか、どういった行動を起こすべきなのか。
人間関係然り、自身の成長然り、
心の平常の保ち方然り、勉強への熱の入れ方然り。

正直な話、以上に挙げた自身の身の振り方についての考えたちは、
今も昔も私のブログの構成要素なので、ブログのどこを切り取ってもこの話題は出てきます。
むしろ、この話題が出ていない時期はありません。
突き詰めて言うと、来年も再来年も自身のスタンスについて頭を悩ませているはずです。

もう少し賢く生きてみようと考えたり、
もう少し人よりも貪欲に生きてみることを思いついたり、
もう少し派手に生きてみようと思ったり、
もう少し自身の心の声を正確に聞き取った上で行動してみようとしたり、
スタンスについてはあれこれと悩み続けています。

今は、とりあえずゆっくり生きてみようかなと。
すぐに焦ってしまう癖があるので、もう少し振る舞いにゆとりを持つために、
あらゆる場面でゆっくり行動することを目標にしています。

さらに、あんまりにもゆっくり行動してはただのノロマになってしまうので、
ゆっくりかつ活き活きした態度を目指しています。

活き活きするということはとても大切なことで、
活力があるだけで、人と対等に渡り合うことができます。
むしろどんなに健康でも、活力が湧いていない人は他者に相手にされません。

なので、活力をみなぎらせることにも集中しています。
具体的な活力をみなぎらせる方法は、何事にも目標を持つことです。
生きる上での目標は、ゆっくりかつ活き活きすることですが、
もう少し細かい所では・・・、例えばランニングをするとしましょう。
ランニングをする際に、ただ闇雲に走るのではなく、
時間設定や息の上がり具合にある程度の設定を持って取り組んでみると、
その設定をクリアするために、一生懸命走ることができます。

目標に向かって自身を突き進ませる力ことが、活力なのだと思います。
その他にも、ブログを書く量や時間を決めることなども、活力の源になるはずです。

こうした目標を設定して、その目標に立ち向かいつつも、
確実にクリアするために必要なのが、焦らないこと、すなわちゆっくり取り組むことです。
時間の規定がある場合は、急ぎながら慌てないなんていう無茶な現象が起こりますが、
それでもゆっくりマイペースでゆとりを持つということは、非常に大切なことです。

ゆとりと活力を駆使して、自身に磨きをかけていきます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11882位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2287位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: