悲しい歌のススメ

悲しいときこそ、悲しい歌を聴くべきです。
私は、悲しいときには悲しい歌を聴きます。

悲しいときこそ、
明るい歌を聴くべきだと言う人もいるかもしれませんが、
私の場合はそんなことをしたら、
激しく落ち込みます。

明るい歌は、
基本的に作者が明るい気持ちの時に歌っているので、
そんな明るい話をされても心は晴れません。

確かに、明るい気分のときに明るい歌を聴けば、
気分はさらに晴れやかになって、
気持ちの良いことこの上ないのですが、
悲しいときは悲しい歌を聴いて、
悲しみを耐えしのぐべきだと思います。

私はあまり強い人間ではないので、
悲しいできごとを歌として聴くことによって、
慰めてもらっています。

例えば、失恋したときに恋愛の成功の歌を聴いても、
ただただ虚しくなるのと同じように、
何かに失敗したときに成功の歌を聴いたら
自身を惨めに感じるものです。

悲しいときこそ悲しい歌を聴いてみましょう。


2 comments

非公開コメント