記事一覧

仕事仕事にならないようにする

仕事に熱を入れすぎないようにするということは
とても大切なことでありますが、難しいことでもあります。

社会人になると基本的に平日のほとんどの時間を仕事に使うことになります。
朝起きて出社して退勤してという時間になりますので、
多くの時間を仕事のために使うことになります。

こうなってくると、仕事のために生きているという状態に陥りやすくなってしまいます。
さらにこの状態が続くと、何をしていても仕事のことが頭を駆け巡ってしまいます。

ご飯を食べていてもお風呂に入っていても布団に潜り込んでいても、
頭の中が仕事オンリーになってしまうのです。

これは非常に良くないことです。
私の実体験なのですが、仕事にしか目が行かなくなると、まず眠りが浅くなります。
眠りが浅くなることで日中のパフォーマンスが著しく低下してしまいます。
どことなく力が入らないという瞬間が頻繁に発生します。

こういった事態を避けるためにも、
プライベートの時間をしっかりと作り込むことで、
仕事とは別の頭に切り替えるという選択肢を作ってあげなければなりません。

私は仕事で頭を埋め尽くしてしまわないように、
職場から出た後に楽しみを作るようにしています。

今日は退勤したらランニングに行こうとか、映画を観ようとか、
おいしいものを食べようとか、読書に耽ってみようとか。

何かしらのプライベートに入り込めるきっかけを用意すれば、
仕事モードから比較的簡単に脱出することが出来ます。
そのために、趣味を持っておくことは非常に大切なのです。


しかしこれを実行できても、あくまでも仕事モードから抜け出す場所を
作ってあげただけにすぎませんので、
抜け出すこと自体に躊躇してしまう可能性もあります。

私もつい最近まで、そして今でも時々、仕事モードを解除することに
足踏みをしてしまうこともありましたが、
これの対策としては、次の出社日にすることを
メモにまとめておくことをおすすめします。
大雑把に言うと、次の日の自分に仕事をパスするのです。

今日の自分は頑張ったから、明日の自分も頑張れくらいの気持ちをこめて、
明日の自分に仕事を託すためのメモを書き残すのです。

出社後のフローと、フロー外のしておくべきことをまとめれば、
次の日の自分へのパスができるようになります。

明日の自分へのパス用のメモ作りをすることで、
仕事モードから外れる事に思い悩む必要はなくなります。

プライベートに脱出先を作り、仕事モードを解除する術を会得することで、
頭の切り替えを出来るようになります。

仕事に夢中になってしまうのは非常に良くわかりますが、
同じモードを持続するというのは精神的にはあまりよろしくないことです。
仕事とプライベートをスマートに使い分けて、快適な生活を送りましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4904位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: