「本当にわかってるの?」

「本当にわかってるの?」
この言葉を言わせないための最も有効な手段は鋭い質問です。


この言葉は私が良く言われる言葉です。
何らかの説明を受けた後の反応にいつも困っています。


説明を受ける

私「やってみます or わかりました」

本当にわかってるの?


どうしてもわからない場合や不安な場合は聞き直すのですが、
理解できた場合はこのような返事をします。
そして冒頭のような言葉を引き出させてしまいます。

これは参ったなと途方に暮れてしまったのですが、
立ち止まっていても仕方がないのでこの問題にじっくりと立ち向かってみました。
立ち向かった結果、出てきた答えが鋭い質問をするということです。

鋭い質問とは何か。
それは、池上彰でおなじみの「良い質問ですね」と言われるような質問です。
相手の説明で補え切れていない部分をしっかりと引き出すような言葉を投げかければ、
それは相手の説明をしっかりと捉えていることになります。
だって理解できていなければ、的確な質問なんてできませんからね。

良い質問の具体例については各自でお調べください。
特定のシーンにおける、
話題を展開させる質問を掲載しているサイトが散見されますので。

説明を受けるときは疑問点をはじき出しながら傾聴し、
説明終了後に鋭い質問を放つ。
これだけで相手の意図を深く掴むことが出来るはずです。

0 comments

非公開コメント