革命

革命を起こさねばならぬ。我が陽の出である。
片羽と屈辱の壱年を創り出したのは此の腕と脚だ。

与された義務に応えるに能わず、大局を制せず、
事物の構築も不全に終わるという始末で丸切行動が意味を為さなかった。

「至らぬ。故に信頼が出来ぬ。」

至極公正なる言葉だ。
革命を起こさねばならぬ。
穢れを除くのは他らぬ我の義務である。

流動の構築に頭を遣い、清廉に事を終える。
脱却の機会が存在するこの瞬間だけだ。
本年の遺りは僅、我が消費期限も同様だ。

新世界に漂着する為に不可欠な自覚の変革に臨む。

0 comments

非公開コメント