記事一覧

雪のような

雪のようだけど雪じゃない。今朝、豹が降っていた。まるで砂の様。コートに白い粉が引っ付くのだ。手で振り払えるのだけど、払えども払えども引っ付いてくる。面倒くさくなって放っておくとしっとりとコートを湿らせる。雨や雪と比べると鬱陶しくはないけど、それでもやっぱり服に異物がくっつくのは好ましいことではない。今朝はそんな通勤路だった。

家を出てから会社に着くまではパラパラと豹が降っているだけの天候だったのだが、会社に着いた辺りから天候が悪化し始めた。豹が強くなってきたのだ。その後も豹は降り続き溶け続け、気が付けば地面が雨が降ったかのように濡れていた。外を出歩いても服は濡れない。だが持っている書類なんかはしっとりする。ずぶ濡れになるよりはずっとマシだが、精神衛生的に良くない。書類がしっとりするのは良くない。

そんな一日だった。一年に数回しか訪れない豹の日を体験できただけ良かったとポジティブに捉えよう。日中はこんな感じだったのだが、退社する頃には豹も大分マシになっていて、傘を差さなくても平気なくらいには天候が回復していた。実は本日は天候が悪くなることを知りながらも思い切って自転車通勤をしたのだ。朝は10パーセント、昼は70パーセント、夜は40パーセント。本日の降水確率だ。朝は自転車に乗っても恐らく大丈夫。昼間は会社にいるので関係ない。夜は10回中4回は自転車に乗っても大丈夫。確率マジックで厳密に言えば49パーセントの降水確率でも40パーセントと表示されるようになっているので最大で二回に一回は降水することになっているのだが、そこは自分の勘を信じて自転車で行き来することにした。そして自分の勘が自然現象に打ち勝った。

自転車通勤にこだわったのは退勤時途中にある安めのスーパーに寄るためだ。自宅の食材が尽きかけていて買い足す必要があったのでどうしても自転車を漕ぐ必要があった。安いスーパーに寄るために天に戦いを挑んだのはちょっと不利な賭けであったし、そもそも何をそんな大袈裟に言っているんだろうと、言っている自分でも思ってしまうのだが、何はともあれ思い描いた理想を実現できた。

さて、帰宅をしてご飯を作って食べて今はブログを更新しているのだが、部屋の一歩外に出るととんでもなく寒い。パソコンのある部屋は暖房を点けているので暖かいのだが、台所など部屋の外はひやっとする。日中に豹が降るくらいの天候だったのだ。夜は当然いつも以上に冷えるだろう。そして寝る前は暖房を消す。すると当然この部屋も冷える。今夜は防寒を徹底しよう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
41131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7461位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: