失って初めて気が付く

昨日、今年初の冷房を入れた。


ブログの記事によると昨年は7月15日が初の起動だったようなので、今年は点けるのが2日も早いことになる。昨年の気温まで調べる気はないけど、今年の方が暑さが厳しくなるのが早いと思われるので仕方のない気もする。昨年の記事でも書いたことではあるが、冷房は頼もしい仲間だ。体力の回復に一役買ってくれている。なくてはならない存在だ。

出現によってありがたみを感じることもあれば、消失によってその尊さに心打たれることもある。健康のことだ。つい先ほど、膝を強打した。詳細は省くが、とにかく強打した。あまりの痛さに暫く立ち上がることが出来なかった。事故後数時間が経過しているので現在は歩くことが出来るが、痛みは未だ続いている。明日も状態が酷いようであれば医者にかかろうと考えている。怪我をして改めて歩くことの出来る健康な膝の恩恵に気が付く。

体を労わろう。なんてことを怪我をする度に思い付いている。

0 comments

非公開コメント