記事一覧

節約する

当ブログで稀に私自身の節約について言及してきたが、ここらで一度節約についての現状をまとめてみる。

毎月なんとなくの予算を決めて生活をしているのだが、今月はお給料日まで半月もあるのに既にひと月分の予算を消化してしまった。つまり一カ月に必要なお金は単純計算で想定した倍だったことになる。そんなに使っていたら確実に赤字に転落してしまう。そこで、これはまずいと思い節約を本格化することにした。

そこまで何に使ったのか。家計簿を開けば一目瞭然、原因は食費である。外食は基本的にしないのだが、それでも土日になると出掛けついでに外で食べることが増えるし、平日にお菓子を買っていることも地味ながらダメージの蓄積に貢献している。それと美術館巡りも一因をなしている。土日に一展と決めていれば1000~1500円程度で済むのだが、今月は土日に複数展回ったのでそれなりの出費になっていた。

ではどうするか。収入を簡単に増やすことはできないので、支出を減らすしかない。しかし、闇雲に減らすことが正しいとも言えない。バランスを取ってこそのライフスタイルの形成である。我慢のしすぎは良くない。完全に手探りではあるが、下記の3点をメインで守ることにする。

・いきる
・文化資本の投下は積極的にし、その逆は控える
・過剰にならないように心がける


いきるというのはとてもシンプルだ。栄養を摂りつつおなかを満たせば良いだけのことだ。このルールを最低ラインとして設定する。

次に文化資本の投入だが、これが最も大切なルールである。心の栄養になると思ったことにはどんどんお金を使う。機会は手に入るときに手にしないと一生ものにできない。勉強にしても経験にしても、掴めるうちに掴んでおく。美術館は会期中に回り、食事も味覚が若いうちに色々なものを口にするように心がける。心の栄養のためであれば我慢をする必要はない。その反対に文化資本が蓄積されないような雰囲気がしたらすぐに手を引く。例えば時間があるのにただ楽をしたいという理由で外食をしてはいけない。他人の料理を口するための外食は良いが、腹ごしらえをしたいだけの場合は極力自炊で済ませる。だから買い食いも基本的にはダメだ。文化資本を基準にした支出の基準を守ってみようと思う。

これらに併せて過剰なことも避けたい。おなかは8分目、文化資本の投下もなるべく日程を分散させる。色々なことを集中させるのは良くない。与えられすぎた水は根っこには吸収されないのと同じで、食料も知識も吸収できないうちから集めすぎるのは良くない。この考えを発展させて、ご飯は3合炊きを止めて2.5合炊きをメインにし、土日の美術館は1日最大2展にしようと思う。それからお菓子の購入も禁止にする。あくまでも例えなのでこれらが全てではなく他にも色々あるだろうが、過剰にならないように自制することは忘れないでおきたい。

節約の話なのか意識の高い話なのかはわからなくなったが言いたい事はただ1つ。人間誰しも一時に目の前に現れる選択肢は1種類のみだ。その選択を誤らぬように上手にやりくりをしていきたい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3890位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: