記事一覧

サイクル

書くことにとても飢えている。先月ほとんど活字を読まなかったので今月は活字を読むことに飢えていた。本当は簿記の勉強に専念しないといけなかったのだけど、それはそれで時間をうまく作って、さらに余った時間を捻出して読書にも精を出していた。手を出した本はほとんど一度読み通したものであった。理由は新しい本を買ってまで読む気が起こらなかった為だ。本棚には容量の限界があるし、スペースを工面してまで読んでみたいという本が見つからなかったのだ。いつもは直感で数冊購入してゆっくり読み進めているのだが、書店に立ち寄ってもぴんと来るものを見つけることができなかった。だから自分の本棚から適当にピックアップして再読をしてみた。本を読み直すということをほとんどしてこなかったので、今回の試みはとても新鮮であった。当時のことを思い出す場合もあれば思い出せない場合もあったけど、何かしらの新しい発見があった。それは振り返ってみての過去との比較だったり、今の立場だからこそ気が付ける何かだったりした。とにかく過去に読んだものを現在になってもう一度読み返してみるという滅多にない期間を過ごした。

さて、話は冒頭に帰るのだが、本を一気に読んでしまうと、次にしたくなるのは考えをどこかに放出することだ。こういったブログを含む発信できる場所を保持していて本当に良かったと安心している。今はツイッターでも読書メーターでも何でも思ったことを公開する場所は与えられているが、きちんと定期的に手入れをしてやらないと、書き方を忘れてしまうし、載せ方もわからなくなってしまう。幸いにもここは何でも載せられる場所として機能させてきたので、余計なことは考えずに頭に浮かんだことをどしどし打ち込むことができる。大学時代には決められたテーマを決められた文字数でまとめあげることを求められ、それに応えてきたが、ここではそんな制約は何一つとして存在しない。書くも書かないも本人の自由だし、公開するコンテンツだって自己決定する権利がある。一つ言えるとすれば、そのルールさえも自分で決めて良いということだ。ブログごとにテーマを自分で割り振って、それに見合う記事を載せることだってできる。

人には自己公開の場が必要だ。それはなにもブログなどのwebサービスに限ったことはない。人と会って話をするのもそうだし、運動能力を披露するためにスポーツを頑張ることだってそうだ。歌うことだって絵を描くことだって立派な自己公開だ。特になにかから刺激を受けたのであればその欲求は多いに高まるものである。そういったものを適量出してやると、また吸収したくなる、この循環がとても好ましく、生産的なサイクルであると言える。吸収だけではいけないし、公開だけでもダメだ。本を読むだけでは足りない。本の内容を実践するか、実際に自分でも文字を書いてみるかの二択しかない。私の読んできた本は実用書の類ではなかったので、もはや文字を書く以外の選択肢は残されていない。だからこそこうして文章を書いているのだ。

だからなんだということを主張する記事ではない。読んだら書く。溜まったら放出する。サイクルを作り出して流れに逆らわないような仕組みを作ることも大事だ。これからもこの場所を大切にしていきたい。

(今回は一節を長めにしてみた。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
フランス語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動休止中

Twitterアカウント

Instagramアカウント

サブブログ

読書レビューのページ
(↑2017.11.11.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4655位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: