バイトをクビになった

こう書くと、本当に意味深。
でも、事実。

いや、半分事実。

実は、私のバイト先は結構厳しいんです。
週間のシフト数が、恐らく、他のところよりも多いのです。

それで、
今後はシフトを減らしてもらわねばなりません
っていうことを報告したら、

『じゃあ、クビだね^^』

って言われました。

というのは冗談で、
『じゃあ、続けていけないね・・・』
と、やんわり宣告されました。

でも、その社員さんは優しい方なので、
うまく都合をつけるように頑張ってくださるそうです。

具体的に言うと、シフト数が少なくても良い人間をもう一人雇えば、

少ない人間+少ない人間=普通のシフトの人

で補えるとのことです。

でも、現実的にはかなり厳しいそうで、
クビは間違いなさそうです。

すぐにクビにするわけにはいかないそうですが、
夏まで待ってしまうと、募集をしても夏季には人が来ないそうなので、
向こうとしては早くクビを切ったほうが都合がいい模様。

『仕事をだんだん覚えてきたから、できたら切りたくは無いんだけどね・・・』
って言われましたが、雇うのが厳しい現状。

もうクビ街道まっしぐらです。

でも、しょうがない、これが現状。
夏あたりに、新しいバイト先探しが始まります。

履歴書を慎重に書いて持ち込んで、
恐らく一発okにはならないから、
連戦を繰り返して、バイトを勝ち取るのです。

で、やはり金儲けも大事ですが、
経験値も積みたいので、
多くを学べそうなところで働きたいです。

というわけで、まだクビになってはいないので、
現在のバイトを一生懸命頑張りたいと思う次第です。

以上です!!

0 comments

非公開コメント