記事一覧

遠慮をしない仕組みづくり

ちらっとtwitterでつぶやいた遠慮をしない仕組みづくりについて。
人が変わるにはこれしかないなと。きっかけはランニングをしているとき。普段インターバル走で100m程を目安に全力ダッシュをしているのだが、先日は距離を伸ばして200m設定で頑張ってみることにした。そこで気付いたこと、200mなんてとてもじゃないが走れたものじゃない。とにかくしんどい。100mですら全力疾走はかなりきついのでそんなのは当たり前のことかもしれないが、200mは全力で走り切れずに途中でどうしても失速してしまう。失速してもしんどさは100m以上のものがある。そこで、もし仮にこの200mの疲れを100mで体験できたら? つまり、普段きついと感じている100mをさらにしんどく走れたらどうなるか、それほどまでの全力を100mにつぎ込めたらどうなるか。100mの最大のきつさはもしかしたら、今までの自分が勝手に作ってきた幻想であって、もっと追い込めたのではないか。

これが遠慮をしない仕組み作りだ。自分の作り上げた天井を一度壊すことで新たなステージに進むことができるようになる。遠慮をしないようになれば、新しい何かを手に入れることができる。ランニングの場合は持久性とスピードが手に入る。その他の場合も同様だが、良いことばかりとは限らない。他人に対する要求も何かを境にハードルを上げることになると、青天井でどんどん要求のレベルが高くなってしまう。

何かを打ち破ると人は変わるが、その方向性だけは常時見極めたい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26911位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5060位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: