記事一覧

できること、したいことを突き詰める

ここ最近、執筆をさぼっている。

活動の時間に限りはあるものだけど、
特にここ最近は残業が増えていて自分の時間を作るのが難しくなっている。

そんな中で犠牲にしたのが簿記と執筆だ。
簿記はやる気がまったく起きないので敢えて休止にしているのだが、
執筆は時間の不足が原因だ。

文武両道を目指しているので、スポーツと文化活動はすっぱり分かれる。
厳密に言うとここにフィールドワークという分野も入ってくるので、
文・武・実体験が私を構成している活動ということになる。

武についてはランニングとフットサルと新しく始めた団体競技から成り立っていて、
これについては中々にバランスが取れている。活動の参加頻度も悪くない。

実体験については休日出勤が増えているために割ける時間は減っているものの、
時間との比で見るとそう悪くない結果になっている。
週に1度は文化施設に足を運んだり街歩きをしたりできているので、
あとは視野をもうちょっと広げることができるように心がければ問題なさそうだ。

懸念しているのは文の活動だ。
簿記と英語と執筆と読書のバランスをいかにしてとるかを考えた結果、
簿記を休止するという結論に行き着いたのだが、簿記の休止だけでは収まらなくなってきた。
(時間のなさよりもやる気不足が大きなウェイトを占めているのだが。)

本当は英語と執筆に全振りできれば幸いなのだが、とにかく今は読書がしたい。
書いている場合じゃない、読んでいる場合なのだ。

この読書欲の高騰期間を逃すと次はいつ本を開ける気になるかわからない。
予め決めた物事を消化するだけだとモチベーションの維持は難しい。
それならばできるときにできることをやるということで、
読書を優先事項に加えれば良いという答えに行き着いた。

そうすると執筆と英語をどのように扱うかが重要になってくるのだが、
ここは英語に軍配が上がる。

英語だけでなく語学への探求が尽きないのだ。
この次はドイツ語かフランス語かスペイン語に手を出したいと考えている。
次が迫っているのだ。
ならば仕方がない。英語の完成度を少しでも上げて次に進めるようにしたい。
今やっている教科書が終わり次第、次に進もうと考えている。
これも学習意欲が高く保てているので、変なところで水を差したくはない。

こういう経緯があり、英語と読書に時間を割くことにした。
執筆は落ち着いたら、簿記はやる気になったら着手する。

できること、したいことを突き詰めれば良いのである。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1501位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: