翻訳は日進月歩

翻訳の進みが思わしくない。

サボったり、手を付けてもほんのちょびっとずつという感じで、進行状況はあまり好ましくない。
それでもできる限り進めるようにしている。

わずか50ページほどの作品で、今はようやく折り返しに差し掛かりそうな状況。
1ヶ月で25ページ。いかんいかん。これはいかん。

帰宅後に何をしているのかというと、何なんだろうな・・・。
先日同僚から「早く帰りたがってるけど何かあるのかい」なんて聞かれたけど、
どうしてもこなさないといけないような用事は持ち合わせていない。

こなすべき用事はないが、着手したいことならいくつかある。
翻訳をしてポケモンをして料理を作って本を読んで、
三日に一度はランニングに出掛ける。
ただそれだけだ。
しかし全部を一日でこなすわけではない。

料理は欠かさずに作っているが、それ以外はその日その日で優先度合いが異なる。
翻訳は基本的に上位に位置するが、たまに読書がその位置を占めることがあるし、
先日はポケモンがその地位を手にした。

早く帰りたいのは会社の奴隷になりたくないという自己防衛本能と
反抗心から出てくる発想なのだが、それ以外にもしたいことがあるためだ。

最近は19時頃には自宅に着くことができているので、
眠るまでの5時間程を自由に使うことができる。
しかしその5時間はあっという間に過ぎてしまう。
先ほども翻訳に取り組んでいたのだが、数行訳すだけで1時間程を費やしてしまった。

もっと翻訳に慣れてよりスピーディーに訳していかないといけないので
余計なことを考えている場合ではないのだが、時間に対する進み具合を確認するとがっかりしてしまう。

割いている時間が短く、短時間で進められる量も大したことはないとなれば、
どこかで努力しなければいけない。

先ほども挙げた通り、したいことは他にもあるが今月の目標として掲げた通り
翻訳には特に本腰を入れて動きたい。
(翻訳とポケモンの二本立てなので、ポケモンにも手が回るくらいの余裕を作っていきたいというのが本音になるのだが。)

工夫しよう!

0 comments

非公開コメント