記事一覧

翻訳は難しい

翻訳は難しい。

趣味として
英語で書かれた小説を日本語に訳すということに挑戦しているのだが、
いかんせん難しい。

難しいポイントは大体下記の3点。

・登場人物の情報が不足しすぎている
・名詞の示すもののイメージが掴みにくい
・その場の空気が読めない

下記解説。

・登場人物の情報が不足しすぎている
登場人物が男か女かは代名詞を見ることで判別できるものの、
口調からの判断ができないためその人物の造形がほとんどわからない。
年齢や趣味などが曖昧なまま翻訳が進んでいく。

・名詞の示すもののイメージが掴みにくい
その名詞の示すものの印象がすぐに浮かんで来ない。
または読み進めてもほとんど浮かんで来ない。
基本的には特有の名詞は初めて目にする横文字として展開を追っていくことになる。

・その場の空気が読めない
空気も読めない。
どんな雰囲気でこの場面が描かれているのだろうか疑問に思うし、
当然読み取ろうともするのだが味わいもなにも伝わってこない。


ざっくり言うと文は日本語に置き換えられるけど、
それ以上の情報を付け加えることができないのだ。

はっきり言ってミステリーから入ったのが間違いだったのだ。
もう少し簡単な童話辺りから入っていけばもう少し楽だったのかもしれない。

現状はただただ辛いだけだ。
もちろん文自体を訳し下ろすことはできるので、
翻訳を続けることでそのスピードは順調に上がってきている。
英語を日本語に直すことに慣れていっているという手応えはかなりある。

辛いことは辛いが損なことばかりではないので、
2月いっぱいは全力で取り組んでみようと思う。

そして翻訳を終えたら何をするべきかも考えどころである。
まだ3月を迎える前からこんなことを考えるのは気が早い気もするが、
したいことがたくさんある。

・小説書き
・英会話
・英語以外の言語の習得
・楽器の演奏
・簿記2級の取得
・車の運転の練習
・山登り

いくつかは平行してできるが、多くのものが同時進行では難しい。
特に簿記2級がネックになってくる。
これは専任で進めないと簡単には受からない。
そして小説書きと英語以外の言語の習得も他と一緒に進めるには時間が足りなすぎる。
とにかく時間を掛ける系のものは一筋でやっていかないと何も残らない可能性が高い。

まずは翻訳を終えてから、どの扉を開くか真剣に考えたい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11882位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2287位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: