記事一覧

美術館巡りをしばらく休む

美術館巡りをしばらく休むことにした。
細かいことは下の方でだらっと書き出すけど、
簡単に言うと美術とは少し距離を置いた方が良いと考えたから。

美術鑑賞、間違った楽しみ方をしていない?

今年に入ってからかなり良いペースで美術館に足を運んでいる。
それでもまだまだ行き足りない!

持てる時間とお金を最大限に活かしてみても
実際に訪れることのできる展覧会の数には限りがある。
特に東京は魅力的な展覧会がそこかしこで開催されている。

そんな中、本日とある展覧会で異質な衝撃を受けた。

某大学の卒業展を鑑賞してきたのだが、とにかくクオリティが高い。
抽象的な作品、肉感の伝わってくるリアルな作品、
新規性のある造形作品、斬新な作品。

どれもがとてもパワフルであったが、
ただ若さ任せの力押しというのではなく
多少の脆さはあるにせよ、そこには確かな技術も備わっていた。

とても良かった!

しかし問題はここから始まる。
普段私はプロではない作者の作品を拝見した場合、
どんなに優れた作品を前にしてもなにも感じなかった事にしてしまっていた。

多くの場合、プロではない作者の展覧会はフリーだ。
特に素人の方々が集まって開いている会なんかはそういったケースが多い。
そういった作品群は好んでみるようにしているが、
なるべく感動しないように努めてきた。
なんだか負けた気がするためだ。

何に負けたのか。
それはプロの作品にお金を払ったことに対してだ。

これは面白そうだとびびっと来た展覧会しか足を運ばないのだが、
それでも外れをひいてしまうことは往々にしてある。

もちろんプロの作品を観るのにはお金がかかる。
そうなるとお金を払ってわざわざ観に行ったプロの作品よりも
無料でさくっと見る事のできた素人の作品が面白いというのはちょっと分が悪い。

だから自分が損をしないために素人の作品はつまらないものと決めつけてしまっていた。

今日観に行った卒展は無料であった。
昨日は美術館に博物館にと豪遊してしまったので、
今日はなるべくお金を使わない方向で行こうとしたが故の作戦であった。

ちょっと話題が脇に逸れる。
さっきからめちゃくちゃ上から目線だけども、私は絵が描けない。
素人などとほざいているが、彼らの足元にも及ばない。
私は圧倒的弱者であるということは常に念頭に置いている。

話を元に戻す。
無料であることを当てにしてふらっと訪れた展覧会をがっつり楽しんでしまった。

そんな楽しい状態をふと客観的に考えたときにふと思ったのだ。
美術鑑賞、間違った楽しみ方をしていない?

プロは・・・
面白い人もつまらない人もいる。

素人は・・・
基本的にはプロと同じだけど、
お金を払ってまで観に行ったプロより面白かったら損をした気分になる。

改めて考えてみて思ったのだけど、
私は自然と差別をしている。
しかも自分自身も窮屈になるような差別をしている。

ルオーだ!すげー!
素人? しらね。

じゃない!

面白いものは面白い、つまらないものはつまらない。
そこに金銭は関係がない。
それで良いじゃないか。

でもそれでも素人の作品をプロの作品として展示されたら
自分の中での採点ポイントが上がってしまって
割と簡単に高評価を出してしまいそうだ。
もちろんどうしようもないものはどうしようもないのだけど。

この5年近く美術館通いをしてきて、
変な価値観が出来上がり、純粋に楽しむということをしてこなかった気がする。
とは言っても通い始め当初は楽しいと思って作品鑑賞をしていたというよりも、
理解できない世界を何とか自分の世界に取り込んでやるぞという意気込みで
突っ走っていたところがあったので
徐々に楽しくなってきた気はしていたが、自己暗示にかかっただけで
実際はそんなに楽しめていなかったのかもしれない。

そんな自分の心を洗内流してピュアな気持ちになるために
一度美術鑑賞から身を引きたいと思う。
いつ頃また見始めるのかはわからない。

心の底からこれだけはどうしても観たい!という展覧会が始まったら
再開するかもしれないが、それはいつになることやら。

それに節約もしたいところだしね、
1回で1,000円を支払うというのは地味にきつかったりするw

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
13131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2544位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: