同感

給料日を嬉しがるやつが本気で理解できないんだけど・・・
http://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/51654289.html


お給料日が来たからテンションが上がるといったことはない。
私の場合、月に一度まとまった金額を下ろし、
なるべくその金額に収まるようにやりくりをし、
どうしてもオーバーしてしまう場合のみ増資して何とか一か月を過ごしている。

そしてまとまった金額を下ろすのはお給料日の前後を目安にしている。
なのでお給料日がやってくると手持ち金を補給できるので
順当に考えれば舞い上がるほど嬉しいはずなのだが、
現実はそこまで嬉しいものではない。


実は、まとめて下ろしたお金を補給日前に使ってしまうことが頻繁にあり、
その度に別途補給をしているので単にありがたみが薄れているせいかもしれないが、
お給料日前後以外に補給をしない月でも特に嬉しさはないし
助かったー!という安堵もない。

もちろん自己資産が増えるのは嬉しい。
通帳の数字が増え、将来の蓄えがわずかでも膨れることについては悪い気がするわけない。
それでもお給料日が来たから贅沢をしようという気持ちにはならない。

贅沢をしたいときは贅沢をするし、そうではないときは控える。
お給料日に左右されることはない。

そのような光景は漫画などでも良く見かけるし、
現実に、会社内でもお給料日の到来に歓喜する声は聞こえてくる。

しかし私にとってそういった習わし(?)は
お給料日の直前だからと飲み会を断る口実にしか使えないものだ。

果たしてどういった人がお給料日を心待ちにしているのだろうか。
私も毎月きっちり決まった金額で生活をすればその喜びが理解できるのかもしれない。

世の中には不思議なことがまだまだたくさんある。

0 comments

非公開コメント