記事一覧

動じない

ここ最近、ワンピースを考察サイトでしか追えていないのだが、
どうやらジンベイが大活躍をしているらしい。

何でも臆することで命を取られてしまうという能力を持ち
かつ世界でも指折りの強敵と対峙しても、一切動じないという男っぷり。

『未来の「海賊王」の仲間になろうっちゅう男が
「四皇」ごときに臆しておられるかァ!!!』

とのこと。

とても良い。
こういう義理と人情の世界を渡るみたいな描写がとても好き。
この動じなさ! 良い!


大人の階段を上るにつれて、後輩が増えるにつれて、
しっかりしないといけない場面が増えてきた。
いつまでもあわあわしていられない。
どっしり構えて器の大きい対応をできるようにならねばならない。

もちろん虚勢を張ったり、自分を大きく見せようとするのは
失敗したときに大打撃を食らうことになるから
ある程度は等身大の自分で戦わないといけない場面があるにせよ、
少しでも心をしっかり持てるように頑張らないといけない。

そういった心境の変化があってか、
映画にしろ小説にしろ漫画にしろ、
度胸のあるキャラクターに惹かれるようになった。

その好例が盗賊王バクラ(in遊戯王)だ。


遊戯王は小学生のときに流行ってのめりこんだクチで、特に漫画を愛読していた。
今読んでいるわけではないのだけど、何となく記憶に濃い形で蘇ってきた。

ちょっとばかし遊戯王カードのスマホアプリをやった影響かもしれない。
アップデートがしんどくてリタイアしてしまったが。


当時は遊戯や城之内が好きで、
バクラは使用するカードがオカルトばかりであまり好きなキャラクターではなかったし、
今だってオカルト好きな面は頂けないが、
その個性は今やとても魅力的に映る。

何と言っても冷静で、全く動じない。
不適に笑み、堂々と構えている姿は悪党そのものであるが、
それがまた良い。

もちろん当時から好きな闇遊戯だって動じなさでは引けを取らないが、
その大胆さはバクラに軍配が上がる。(連載当初の闇遊戯は除く。)
殺意に満ちていて、気に入らないことがあれば取りあえず○すという姿勢は最高だ。

ちなみに次点で海馬も気に入っている。
彼にはバクラほどの悪党さはないものの強引さでは負けていない。
遊戯を倒した過ぎて無感情な感じで黙々と策を練る様は見ものだ。
若干の気持ち悪さはあるにせよ。

そう考えていくと少し歪んだ人物を好きになっている傾向がある。
バクラも海馬も歪んでいる。

ただし同じ悪党でも闇マリクは違う。
彼は歪み一つとっても少々ブれ気味であり、
悪い奴なことに間違いはないのだが少し頼りない。
頼りないのはダメだ。


でもこのこじらせ方を彼らは恥じたり気にしたりするようなことはないだろう。
なぜなら、彼らには希望や夢があるから。
そういった目指すもののためには、
彼らは何でも犠牲にするしどんな苦労をも厭わないだろ。

私が最終的になるべきなのは彼らのようなこじらせキャラではないことは確かだが、
その心の強さは見習いたい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3411位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: