自炊

一人暮らしを始めてからはほとんど自炊をしている。
最初は節約が理由であったが、今はそれだけが理由ではなくなっている。
単純に料理がしたいといった理由なのだが。


たまに外食をするのだが、その度に何となく後悔する。
自炊よりもお金がかかってしまったという思い、
夜は控えることにしている炭水化物を摂取してしまったという思い、
そして料理できなかったという思いが交錯して
後悔へと昇華する。

基本的に朝はフルーツと米、
昼は作り置きをしておいたおかずと米、
夜は野菜で作った何かしらを食べている。

一人暮らしを始めた当初は
朝はパン、
昼は今と変わらず、
夜は大量の米とおかずだったのだが、
米を寝る前に大量に摂取するのは将来的に良くなくなると考え、
食生活を今のスタイルに変えた。

前述の通り、夜は自炊で炭水化物抜きのメニューにしているのだが、
たまにここを丸々外食に頼ることがある。
特に次の日は休みだという時に多い。

確かに気持ちをオフモードにするために
普段とは異なる特別なことをするというのはとても大切なのだが、
それでも食べてから違和感に苛まれてしまう。

料理をしたかったという思いに。

自分で作って自分で盛り付けて自分で洗って。
正直、ちょっとしんどいなー、ハードル高いなーと思う瞬間はあるが、
実際に取り掛かるとそこまで高いハードルではないし、
多少なりハードルを越えておかないとやってやったぞ感を感じられない。

ただの苦労性なだけなのかもしれないがw
苦労してこそみたいなものは実際にあるし。

ちなみに今日は久しぶりの二連休を前にラーメンを食べてきた。
やはり後悔した。
自宅でおとなしくカレースープでも作れば良かったなんて思っている。

そんなこともあるので
明日は昼ごはんにおにぎり+卵焼き+ウインナーを作るつもりだ。
いわゆる理想的な夜食と呼ばれているやつだ。

理想的な食事はいつ食べてもおいしい。
夜は炭水化物を控えているので昼に実施してみることにする。
昼でも良いじゃない。

とても楽しみである!

0 comments

非公開コメント