記事一覧

カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命

カッサンドルが・・・加算ドルwwwwwwwwww




嵩んどるwwwの方が良かったかな。

行ってきた、初! 八王子夢美術館!
いや、この間の土日に、なんだけどね。
流石に今日みたいな平日には行けないなw

以前から質実剛健で独特な展覧会を開催している八王子夢美術館。
有名作家の作品を集めてネームバリューで集客することよりも
知る人ぞ知る作家の作品を効果的に紹介することで人気を博しているイメージがあるので
個人的にはずっと気になっていた。

地理的条件があまり宜しくないので足が重くなっていたのだが、
先日都合よく何もすることがなく、かつ遠出してみたい気分になったので
思い切って足を運んでみることにした。

行って良かった!
カッサンドルという作家を知ることができたのが何よりの収穫!

直線的で直感に訴えてくる印象的な作品が目白押し!
ホームページなどで見られる『ノルマンディー』をはじめとして
鋭角の齎す効果を最大限に引き出している。その迫力は計り知れない。

オ・ビュシュロン』のような計算されたラインの上に描かれた作品も良い。
無表情の語る凄みが伝わってくる。

上記2作品は八王子夢美術館のホームページで見れるので、そちらで見てね。
アドレスなどはこの記事の下部に載せている。

そして最も私の興味を引いた作品はこちら。
デュボン

カッサンドル
かわゆさの塊

とにかくかわゆい。

この展覧会では
掲げる・飲む・注ぐ
の三連コンボが出展されている他、
雪の中で飲むシーン暑い場所で飲むシーンなども出展されている。
迫力での攻めもできれば、こういった不思議な愛くるしさでの攻めもできるのだ。

ちなみに深夜特急の文庫本の表紙にもカッサンドルの作品が採用されている。

深夜特急
書店で見たことがある方も多いのでは

もしかすると私が寡聞にして知らなかっただけで、
皆さんご存知の有名作家だった可能性もある・・・。

巷ではやたらと長い展覧会が散見されるが
本展はコンパクトにまとめられているので
美術館にあまり立ち寄られたことのない方にもおすすめできる。

こちらの展覧会は6月25日(日)まで。
開館は10時~19時(18時半が最終受付、要注意!)。
基本月曜日がお休み。
本展の入場料は大人700円。
(詳しくは公式ホームページへ → http://www.yumebi.com/index.html

是非に!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5289位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: