記事一覧

晴天・曇天 / 前編 / 4時~12時

日帰りで色々行ってきた。
その前編。




金曜日23時頃、急に思い立った。
遠くに行こう。

以前から遠くに行きたいという願望はあったし、
今月の目標として『行ったことのない都道府県に行く』というものも掲げていたので
急遽遠くに行ってみることにした。

早めに旅程を組んでしまえば主に交通費を大幅に削減できたのだけど、
土日に急に仕事が入ることが頻繁にあるし
そこまでガチガチに予定を組むのも興醒めなので
詳しい行き先は何も決めていなかった。

北海道か四国か九州か東北か山陰か。
ここまでは描いていたのだが、それ以上のことは全て未定であった。

その中でも鳥取砂丘をチョイスした。
大きな理由は空港があったから。
行ったことのない都道府県に行く以外に、
飛行機に乗りたいという憧れがあった。

しかし基本的に空港は中心街から離れたところにある。
そうなると観光をしてから空港に行くまでに余分に時間を見ておく必要がある。
つまり飛行機に間に合うようにするために
観光の時間を削らなければならないということになる。

行ったことのない都道府県に行き、
興味の惹かれるスポットに訪れ、
不慣れな土地で中心から離れた場所にある空港に時間内に辿り着く。

しかも日帰り旅行だったこともあり帰りの交通手段にありつくまでは
体力を切らせてはいけない。

時間・金額・ルートの簡便性を加味した結果、
鳥取砂丘行が決定した。

それと同時に
自宅→東京or品川→姫路→鳥取→鳥取砂丘→鳥取空港→羽田空港→自宅
というプランも組み上がった。

行きで飛行機を利用して帰りに新幹線を利用するという手もあったのだが
不慣れな飛行機の利用を序盤に持ってくることで全てが台無しになる可能性があったので
飛行機は帰りで利用することにした。

ちなみに7、8年前に名古屋で高速バスに乗り遅れたこともあるので
交通手段の予定時間に間に合わせることは中々緊張する。

こうして23時に思いついた旅の予定を24時半に組み終え眠りについた。
そして翌朝は4時に起きた!
3時間程しか眠れなかったが旅程を十分にこなすには
この時間に起きなければ間に合わない。

正直かなり眠たかったが、
移動時は自由に眠れるのでそう考えたらこのくらいの眠さは我慢できた。
朝ごはんを食べ、品川駅へ向かう!

品川駅に到着し、新幹線の当日券を購入する。
都区内の乗車処理が必要であったので窓口でお願いすることに。

恐らく券売機でも処理はできたのだが、
私のsuicaはスマホカバーの内側に仕込んでいて
それを出先で分解して取り出して元に戻らなくなるのも嫌だったので
受付窓口へ向かった。

なんとなく予想はしていたが
それなりの待ち列ができていて、
処理が終わる頃には乗りたかった新幹線が駅を後にしていた。

事故とはいえ想定内であったため、
一つ後の新幹線に乗ることに。

前の電車であれば姫路駅まで乗り換えなしで行けたのだが、
私の乗った電車はどこかで乗り換えないと姫路駅には到着しないものであった。

京都も新大阪も降車経験がある駅なので、新神戸をチョイスしてみた。
京都や新大阪と比べると駅構内のランクは下がるが、シンプルで気持ちの良い駅であった。
新神戸で30分程待機をして姫路駅へ向かう!

そして朝の10時頃に姫路に降り立つ。
初めての兵庫県!

旅程では姫路駅周辺をぐるっと周ったらすぐ発って
寄り道せずに鳥取砂丘に向かう予定であったが、
姫路駅周辺が思ったよりも面白そうだということに気が付き
昼前まで長居することにした。
砂丘に行って、空港に間に合えばそれで良いのである。

まずは姫路城!
ここは朝から観光客で賑わっていた。
入城料が1,000円かかることに少し引いたが、
お城の管理維持費を考えたらそれくらいに設定しないと見合わないのかと納得。

1,000円渡せば実質無料!みたいな皮肉(自嘲?)の文言をたまに見かけるが、
それくらいの気持ちで見学させてもらうことに。

お城経験が乏しいので彦根城と二条城くらいしか入城経験がないのだが、
ここはきちんと要塞としての機能を残していた。
本体に辿り着くまでがとにかく遠い。

お城に沿った坂状の道をぐるぐる回らないと
中に入ることができない仕組みになっている。
城本体は他のお城と大きな差があるようには思えないが、
全体を通してみるとここが最も迫力がある。
とにかくフィジカルにお城を体感できるのだ。

それと石垣にまつわる逸話も面白い。
築城にあたって石が不足していることを嘆いていたら、
近隣のおばあさんがそれに同情して普段使いの石臼を謙譲したところ、
他の近隣住民もそれに賛同する形で次々と石製の生活雑貨を差し出してきたのだとか。

だから石垣をよく見ると石臼の他にも灯籠のベースに当たる部分があったりする。
そういった逸話がありありと実感できるのだ。
イイハナシダナー。

後はやたらと井戸が多かったり、
瓦が凝っていたりと発見のあるお城であった。

お城を後にして、お次はお城の麓にある動物園へ行ってきた。
最近、動物園にはまっている。
動物にアニメとは関係なしに、動物って良いものだなと。

東京では多摩動物公園と井の頭自然文化園に行った。
しかしここはそれらを凌ぐ種類の動物が飼育されている。

多磨ではその規模に圧倒され、
井の頭ではアクセスの容易さに感動したが、
姫路市立動物園は規模こそそこまで広くはないものの、
ポピュラーな動物が数多く揃っていた。
この動物園だけでブログの記事を一本書けそうなのだが、今回詳細は省略する。

特にうれしかったのはエゾヒグマを見れたこと!
(後で調べたら多摩動物公園にいることもわかった・・・)

とにかく大きい! 軽自動車くらいある!
少なくとも最近セブンイレブンの脇に停めてある配達用の車よりは大きい。
初めて見たけどこんなのにエンカウントしたら足が竦んで動けなくなるね。
その姿は怪獣のようであった。

そして動物園については全体的に動物たちとの距離が近い!
しかし近い分、檻が堅牢。
堅牢で写真に収めるとどうしても檻の柵の存在感が目立ってしまう。
それでも肉眼で見る分にはあまり問題にならない。
迫力のある動物を拝見できた幸せであった。

そして姫路城を後にして駅に向かう途中にアイス入りたい焼きというものがあったので
それを買い食いすることに。人気の模様で結構待った。
美味しかったということと珍しかったということ以外に感想はない。

その後、昨晩予約した飛行機のチケットの支払いを13時までに済ませる必要があり
姫路~鳥取間の電車に乗っていると13時を過ぎてしまうので
乗車前にコンビニで支払いを済ませることに。
便利な世の中になったもんだ。

さて、支払いを済ませて後は鳥取行の電車に乗るだけーなんて呑気に考えつつ、
現在の時間を確認すると電車の発車まで10分くらいしかないことが判明する。
しかし飛行機の支払いをしたコンビニから駅までが徒歩10分とのこと。
色々込みで考えるとのんびり歩いて向かうと確実に乗り遅れてしまうので半分ほど走ることに。
まさか初の兵庫で走ることになるとは。

走った甲斐もあり、ギリギリで乗車に成功!
鳥取へ向かう。

そして後半に続く。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2239位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: