記事一覧

ランニングコース

ランニングコースが3パターンある。

1:
5km走って1キロ程インターバル走をするパターン

2:
1周1キロ程の公園を好きなだけ走るパターン

3:
会社までの片道5キロを走り抜くパターン

ちなみに最初に断っておくが私はあまりランニングが好きではない
運動したいときに動けないというのが嫌というのが理由であくまでも鍛練として走っている。
残念ながら私はランニング大好き人間ではない。

勝負事としてのランニングは好きだが、
ただ鍛えるだけのランニングは好き好んでやってはいない。
あくまでも運動をするための日ごろからの準備であり、
それ以上の意味はない。

それを踏まえた上で2パターン目が非常に大切になる。

1パターン目は完全に訓練のためのランニングだ。
5キロをなるべく速いペースで走り、
最後に1キロ程の道を100m間隔でダッシュと流し走を交互に繰り返す。
これを始めてからフットサル中にバテることはなくなった。
負荷が高いが効果も高い有意義なランニングだ。
週に2、3度の割合で行っている。

3パターン目はワンシーズンに1度程の割合で走る。
息抜きというか挑戦というか。
たまには10km走るのも悪くはないかなという感じで走っている。
ある意味での息抜きであり、ある意味での挑戦である。
気分転換用のコースだ。

そして今回注目したいのが2パターン目の公園をぐるぐる回るパターン
大体公園まで走ってから3周程回ってまた自宅まで走って戻るという感じで走っている。
このコースそのときの気分次第でペースを遅くしたり速くしたりする。
1パターン目のような感じで追い詰める走りをすることもあれば、
普段ではありえないようなゆっくりペースでのんびり走ることもある。

月に1度の割合で走るのだが、
ランニングを暫く休んでしまったときや
走る前に気分が乗らなかったときにこのパターンを選ぶ。

こういうコース、こういう日も必要なのだ。
冒頭でも述べた通り、私はランニングがあまり好きではない。
好きではないことをするのにはエネルギーを使う。
走り始めてしまえばいつものことなので、その気になって走り抜けるのだが
走る前に気分を盛り上げるのは中々難しい。

ある程度気分が乗れば(フットサルをすることを考えると大体乗る)
1パターン目をチョイスできるのだが、
やはりどうしても気分が乗らないときがある。
そんなときは2パターン目を選んでしまう、

だがそれはそれで良いことなのだと思う。
自分に対していつでも駆け込める逃げ道というのは作っておく必要があるし、
たまには逃げ出すことも大切だ。
身体のケアが大切なように、精神のケアも大切なのだ。

もちろん逃げっぱなしではお話にならないが。。。
節度を守って自己を鍛えたい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
フランス語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動休止中

Twitterアカウント

Instagramアカウント

サブブログ

読書レビューのページ
(↑2017.11.11.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17080位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3194位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: