短距離

散歩がてらスマホから記事を書いてみる。
7年くらい前にもガラケーで記事を書いた記憶があるなー
なんて思いつつ。


日課としているランニングをする際、
中距離走短距離走を鍛えるべく
5kmを手応えのある疲労が溜まる程度の力で走ってから
50m間隔で置かれているであろう街灯2本分を全力で走り
50m歩いてまた100m走るというセットを大体5本くらいこなす。

ここ最近、万歩計のカウントを増やすため
ランニングに出掛ける頻度を高くしてかつスマホを携帯している。

この日課自体は始めてから1年ちょっと経つのだが、
タイムを計ったことはない。
クールダウン込みで50分程度かかることはわかっているのだが、
それぞれにかかる時間までは把握していない。

ある程度力を出してやりきれば良しとしているので
日々のタイムにはそこまで興味はない。
しかし唯一気になるものがある。
それは短距離のタイムだ。

あくまでも電柱の間隔は目安にしかならないが、
これを利用すればなんとなくのタイムがわかるのではないか。

実際の長さ、
そしてスマホのストップウォッチを押すタイミングは正確なものではないが
試しに100mと50mのタイムを計ってみた。

するとこのような結果になった。

100メーター→12秒後半
50メーター→5秒後半


実は100メーターはきちんと計測して走ったことがほとんどないので
今回のタイムがどれほどのものかわからないのだが、
どうやら高校のサッカー部男子のそこそこ速い部類と同じ程度の実力らしい。
素直に嬉しい。

そして50メーターの記録については自分史上最速だ。
過去最速が高校時代の6秒台前半なので
過去の記録を遥かに上回ることとなる。
アラサーにしては良くやったぜ!

あくまでも目安にしかならないので
少しでも誤差があるとこの数字は何の意味も持たなくなるが、何となく嬉しい。

この調子でランニングを続けていきたい。

0 comments

非公開コメント