花粉のバカ

イワンのバカならぬワインのバカならぬ、花粉のバカと言った具合だ。

この数週間、花粉症に悩まされている。


花粉対策(2018.03.28.)
http://syarokusuke.blog20.fc2.com/blog-entry-912.html


最初は目がやられた。周囲の人に人相が変わってるよと引かれるくらいには目が腫れぼったくなってしまったが、これは目薬1つで対処することができた

先に一般的な目薬を試して効果がなかったのでアレルギー専用のものに切り替えたら一発で治った。使い始めの頃は若干の違和感があったものの、ここ最近はそんなことはなくなった。専用は人味違うね。


そしてこの2週間程は鼻をやられている。目は目で性質が悪いが、鼻だって引けを取らない。それどころか及ぼす影響は強大かもしれない。

まず呼吸が非常にしづらい。鼻呼吸が困難になることが多々あるので必然的に口で呼吸をしなくてはならない。なんだかアホみたいだし何より喉が渇く。頑張って鼻で吸おうにも心肺機能への負担がすさまじいし、これはこれで喉の筋肉が疲れる。

さらに鼻が詰まると夜に眠れなくなる。基本的に人間は片方の穴を数時間交代で使用することで呼吸を行っているのだが、交互に使う以上は使っていない側の鼻は数時間鼻水が溜まり続けることになる。

数時間が経過して詰まっていた側に呼吸のターンが移るともうダメである。鼻が完全に詰まって呼吸ができないので否が応でも起きてしまう。大体就寝の間に2回くらい目覚めることになる

平常時に鼻が詰まるのは最悪鼻をかむことでそれなりに症状を軽減できるが、睡眠時の鼻詰まりに関してはどうしようもない。呼吸できない状況に無理くり起こされて鼻をかんで布団に戻るという工程を2回程実行しなければならない。

これは本当に辛い。


そしてにおいについても感じ取れなくなったかと思うと鼻の奥の方から血の混じったみたいなにおいが漂ってくるのが滅茶苦茶辛い。下手をするとごはんの味だってわからないときもある。


辛さを軽減するために一般の薬を購入してみたのだが殆ど効果がない。最初の1日2日はちょっとマシにしてくれるくらいの仕事はしてくれたが、それ以降はうんともすんともである。

使い続けていれば効果が現れるかもしれないという期待を胸に1週間程頑張ったが全く駄目であった。体が慣れてしまったのであろうか。そこで2つ目の薬をつい先日購入したのだがこちらも殆ど効果がなかった

現状で飲み薬を2パターン、鼻に噴射する薬を1つ、鼻の穴の前に塗る薬を1チューブ購入したのだがどれもあまり良い結果は出ていない。ここまで花粉の威力が強烈だとは思いもしなかった

これだけ揃えても何もないなら最終手段に出るしかないとのことで、専門家、言い換えるならば耳鼻咽喉科の元へ仕事を早く切り上げてほぼ定時上がりで駆けつけた。

その結果、何種類かの薬を出してもらったのだが結果として地味に手痛い出費となってしまった。ただでさえ前もっていくつかの薬を購入していたのだがここに来て診察費ときちんとしたお薬代まで発生してしまうとは。


この数週間で確実に1万近くのお金が花粉症のために吹っ飛んでいる。このお金さえあれば買いたかった普段使いのリュックが買えたのになーという妄想は置いていて、終わったことは仕方がない。病院に行く機会なんて早々ないのだから授業料にでもなったと思えばまだマシか。


もうすぐ花粉地獄も終盤に差し掛かっているらしいが、気を抜かずに早い段階で治したい。そして来年はこんなに辛い思いをしなくても良いように2月頃からしっかり対策をしておきたい。

0 comments

非公開コメント