新年度の雑記

大きい所から話をすると、インフルエンザ明けの2月中旬以来ずっと続いていた繁忙期が収束に近付いてきた。


ずーーーーーっと高い波


に押しつぶされそうになりながらも懸命にあがいた結果、ようやく終わりが見えてきた。1週間程のほっと一息期間を経たらまた4月末に高めの波がやってくるのはわかっているのだけど、とりあえず一段落といったところだ。

4月末にやってくることが予想されるの高めの波についても現状では、泳ぎ切れば5月から比較的穏やかな日々が続くことがわかっている。当然ながら新規案件はいくらでも舞い込んでくるだろうけど、終わりが見えずに苦しみながら進めるよりは幻想だとしても休憩ポイントが見えている方が精神的にはずっと楽だ。その休憩ポイントが幻想ではなく保証されたものであれば言うことはないのけど、


まさか


そんなわけにもいかない。


こうも余裕ができると何か新しいことを始めたくなってしまう。当面は簿記に集中しないといけないし、何なら6月受検を回避することも検討しているので半年以上の長期戦に変貌する可能性もあるのだけど気分的には何かを一新したい気持ちでいる。簿記がある以上大きなことはできないけど、何かしたいなーとだけ勝手に考えている。趣味を増やすというよりは生活習慣を変えたり持ち物を変えたりといった方面の変化が妥当だろうか。要模索だ。


今春悩まされている花粉はお医者様から出してもらった薬のお蔭でかなりマシになった。少なくとも夜眠れなかったり途中で起きてしまうことがなくなった。

花粉の量が減ったか???と思う程だが、周囲の人に話を聞くとここ数日は特に花粉が酷いとのことなので、この症状の減りようはきっと薬の効果なのだろう。ありがたや。

4月もそろそろ半ばになるし、なんなら2018年だって既に1/4が終わり、そろそろ1/3が終わろうとしているけど、時間に流されないようにあがいていきたい。

0 comments

非公開コメント