FC2ブログ

複雑なことをきちんと説明する

複雑なことをきちんと説明するのは難しい。この”きちんと”の部分が特に困難を極める。


贔屓にしている劇団の舞台を観てきた。贔屓にしているとは言っても観に行ったのは3公演ぶりくらいで、前回行ったのが1年半近く前の話になる。忘れていたり都合が悪かったりして行けなかったのだ。

とにかく素晴らしい舞台であったが、その魅力を伝える術を持っていない
何人かの知人にその良さを語ってみたのだが、やはり同じ舞台を観ていない人間にその面白さを伝えるのは非常に難しい

舞台美術から始まり、役者の演技、演出、脚本の練られよう、全てがリンクしているのだ。それもかなり複雑に

「あの時のあの台詞がここに来て大きな意味を持ってきている!」「この場面転換は言葉通り劇的で全く予想できなかった!」「最大に皮肉とテーマの終着点をラストに持ってきた!」
などなど語るべき部分は多岐に渡るのだが、一から説明すると長くなるし、大まかに説明すると意味はわかってもその魅力は伝わらないしで、相手にどれだけ集中して聞いてもらうかを真剣に練らないといけないのだが、受けた感動をそのまま言葉にはできない。厳密に言うと、「私の場合は」できない。

この辺りが上手い人は本当にわかりやすく話す。私に足りないのは推しをきちんと伝えるということなのかもしれない。楽しそうなことを楽しそうにかつ相手に伝わるように話すのには訓練が必要だ。

オタクの文章なりブログなりを見るなどして、この技術を身に付ける!

0 comments

非公開コメント