記事一覧

勉強の時間を作ろう!

何だかんだ言ってサボりがちな勉強。

時間が無ければできないし、
時間があっても中々できるものではない。

結構大変。

では、どうすれば良いのか?

答えは簡単。
日常に溶け込ませればokなんです。
今考え付きました。

例えば、
私はランニングを自身に義務付けていますが、
苦痛ではなく続けることができています。

なぜできるのか?
それこそ、日常に溶け込ませているからです。

最低でも週に1回はランニング。
そう決めて、それを守り続ければ続きます。

私は中学生の頃から続けているので、
かれこれ5年以上は続いています。

中々続けれられないと耳にするランニングですが、
日常に溶け込ませれば、意外と簡単です。

これと同じ感じで、
学習することを日常に取り入れれば良いのです。

では、具体的に、いつ勉強するのか?
答えは簡単、電車の中です。

私は、毎日行き来の度に本を読んでいるのですが、
その読書時間を勉強に当てればよいのです。

但し、読書時間を完全に削るのは嫌なので、
行きの時間だけに当てます。

帰りの時間は、
普段どおりの読書タイムのままにします。

とは言っても、
電車の中で勉強できることは、かなり限られるので、
実際には自宅でも勉強をしなくてはなりません。

そういうわけで、今決めました。

どんなに疲れていても、一日最低30分は勉強をする

実際に、30分でできる勉強なんて、そうはありません。

私の場合は、
”30分を想定しながらやれば最低でも1時間はやってしまうだろう”
という算段が含まれています。

うまくいくかはわかりませんが、
早速、今日から実行したいと思います。

ちなみに、問題点は山積みです。

・それでも、時間は少ない
・教科数が多いのを、どう配分するか
・電車の中じゃ効率が悪い
・時間帯を一定にしたほうが良いのではないか
・etc

勉強する!
なんて言っても、結局は具体性を含まなければ、
実行のしようがないわけですから、
アウトラインはできる限り正確に決めたほうが良いと思います。

ちなみに、
中学生や高校生の方は、
そろそろ中間試験なんかがあるのではないか?と思いますが、
切羽詰っているときは、
あまり勉強計画を立てない方が良いです。

多くの場合、部活動に入っている方は活動停止期間になるわけですし、
当然、帰宅部の方は特にするべきことは勉強以外に無いと思います。

なので、がむしゃらにやってみてください。
この時間にこの程度の時間を割く、程度の計画で良いです。
大雑把で構いません。むしろ、そうして下さい。

長期的に時間の猶予がある方には、
計画的(よりキッチリ)に勉強をすすめるのは意味がありますが、
短期勝負の方にとっては、そんなことを考えるだけ時間の無駄です。
それに、うまくいかなかった場合が大変です。

キッチリ計画を立てても、うまくいかないのが普通です。
長期の方は、多少計画が狂っても問題はありませんが、
短期の方にとっては、完璧なつもりの計画が少し傷ついただけで大惨事です。

なので、短期の方は綿密な計画を立てないようにしてください。

勉強に関してはこれくらいです。

以上です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃろくすけ

Author:しゃろくすけ
社会人4年目
英語
スペイン語
ランニング
翻訳
三十路まであと数年
フットサル
ハーモニカ
転職活動中?

twitterアカウント

読書レビューのページ
(↑2017.5.17.時点、5年以上手付かずです)

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

バロメーター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
12239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2278位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: